お知らせ

空き家を活用しよう!

皆さまこんにちは。

 

年々、日本全国に空き家が増えているのをご存知でしょうか。30年前と比べると、空き家数はおよそ2倍に増加しています。

空き家を放置してしまう事により、一気に老朽化が進んでしまう要因になります。

管理者のいない空き家は、老朽化に伴い自然災害による倒壊や火災が起きてしまう可能性や、

周辺地域の治安の悪化にもつながる恐れがあります。せっかく利用可能な状態の建物であるのならば、資源として活用したいものです。

 

現在当社では、空き家の活用方法として「分離型サービス付き高齢者向け住宅」に改修できないかと計画しています。

ミヤマホームグループのMCP coreが運営しているトレモンテ明日館や陽東、トレモンテ一条 陽明館は、同じ敷地・建物内でサービスが完結しています。

一方、分離型の場合は、基本となるサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)から、

一定の距離内にある住戸をサ高住として利用できるシステムです。全国でもまだ事例は少なく、新しい試みです。

 

既存の建物をサ高住として利用するためには、規定に沿ってバリアフリー化などの改修を行う必要があります。

分離型サ高住の場合は、建物全体をサ高住仕様にする必要はなく、住戸単位での利用が可能です。

例えば一戸建住宅の場合、通常は事務所等を設けなくてはならないところが、

それらは今ある明日館・陽東・陽明館の機能を利用し、居住部分として建物を改修して利用することができます。

他にも、サ高住としてアパートやマンション全体を改修するとなると、全戸が空くまで工事は開始できません。

さらに、莫大な費用もかかってしまいます。

しかし分離型としての利用であれば、ある程度まとまった数の空室が出た段階で

少しずつサ高住に改修することが可能です。この方法であれば、時間も資金も有効に活用することができそうです。

 

この分離型サ高住のシステムを利用すれば、空き部屋や空き家をうまく活用できるのではないでしょうか。

もちろん、サ高住以外にも店舗や事務所として利用することができる建物もあります。

皆さまの周りにある空き家や空室、ぜひ私たちと一緒に有効活用していきませんか。

 

« »

CONTENTS